前へ
次へ

人材派遣会社に就職した留学生

日本は移民大国へと突き進もうとしています。
そのような状況の中で、それを象徴するような出来事が身近に置きました。
大学院の博士課程に在籍していたスリランカからの留学生が、博士課程を修了した後に、人材派遣会社に就職したのです。
これは新しい形での移民の推進と見ることができます。
その留学生が人材派遣会社で行っている仕事というのは、自分の本国から労働者を呼び寄せるという仕事です。
本国で労働者として日本で働きたいスリランカ人を、人材派遣会社が仲介役となって日本の企業に紹介します。
そうすることで、信頼を担保しながら次々と外国人労働者を日本に呼び込むことができるという画期的なシステムが既に出来上がっていたのでした。
実際、博士課程に在籍していたということもあり、言語は母国語に加えて日本語や英語にも堪能であるため、母国の外国人労働者の仲介者としての役割を担うことができます。
このようなシステムが、移民を推奨する働きを担っています。

Page Top